Return to Gibson.jp
まさにキング・オブ・フラットトップの名に相応しい風格とサウンド
ギブソン・アコースティックの最高峰 SJ-200

Color

Facebook
Share on Tumblr
Email To

1937年の発表以来、ギブソン・アコースティック・ライン最大のボディ・サイズを持つ SJ-200 はアコースティック・ギターの究極の到達点として、今なお不動の人気を誇り頂点に君臨し続けています。 そしてその伝統とレガシーは2019年モデルにおいても脈々と受け継がれ、スーパー・ジャンボ・ボディならではの豊潤な響き、深みのある低域から透明で煌びやかな高域がロックからカントリーまでジャンルを問わずプレイヤーを魅了して止むことはありません。LR Baggs Anthemのピックアップシステムを搭載。ステージにレコーディングに準備万端です。

Body
Wood Species:
Maple & Sitka spruce
Finish:
Nitrocellulose
Neck
Material
Two-piece maple
Neck Profile
Round
Scale Length
25.5''
Fingerboard Material
Rosewood
Fingerboard Radius
12''
Number of Frets
20
Frets
Standard
Nut Material
Tusq
Nut Width
1.725''
Inlays
Mother-of-pearl Graduated Crowns
Truss Rod
B/W
Finishes

Vintage Sunburst

Hardware
Finish
Gold
Bridge
SJ-200 Moustache™, Rosewood
Bridge Pin Material
Tusq
Tuning Machines
Grover Rotomatics w/ Kidney Buttons
Pick Guard
SJ-200
Electronics
Bridge Pickup
LR Baggs™ Anthem
Controls
Volume, Mix, Phase, Battery Check